MVPの西武・森 来季2億円&選手会長で脱やんちゃ坊主へ

2019年12月05日 16時30分

MVPに輝いた森は2億円でサイン

 今季、史上4人目となる捕手としての首位打者とパ・リーグMVPを同時受賞した西武・森友哉捕手(24)に「さらなる人間的成長」が期待されている。4日、契約更改交渉に臨み1億2000万円アップの2億円で来季の契約を更改。来季から選手会長を務めることも決まり“やんちゃ坊主”がどう変身するかに注目が集まっている。

 2億円到達に、森は「ちょっとビビりましたね。(球団からは)今年はしっかり活躍してくれた。来シーズンはチームの顔となるので頑張ってほしいと言われた」とホクホク顔。実質、正捕手2年目でMVPに輝いたシーズンを振り返って「しんどかったですね。シーズンを通してキャッチャーで出るのは今年が初めて。途中から岡田さんもいなくなってしんどかった。今年も打撃陣で勝った試合が多かった。来季は少しでもバッテリーで勝った試合を増やしていきたい。(4・35だったチーム)防御率をもっと減らしたいし、完封試合を増やしたい」とコメント。課題であるリード、守備面の向上に、契約更改後の会見時間の多くを割いていた。

 そして7年目の来季は選手会長としての重責も任された。これに森は「そもそも選手会長が何をするのか、あんまり分かっていないんで(前任者の)増田さんにサポートしてもらいながら頑張っていきたい」と、放っておけない“末っ子体質″を全開にしていた。

 その一方で、周囲の関係者は「あのやんちゃ坊主もMVPを取った以上変わってくるでしょう。地位が人をつくるではないけど、さすがに今後はより以上に恥ずかしいことはできなくなると思いますよ」とMVP効果の今後に期待している。

 一般会社員などとは違って年収が情報として公開されるプロ野球選手。その額が億ともなれば、今まで会ったこともないよからぬやからが予期せぬ意図を持って近づいても来る。特に一時期は盛り場などでの監視員を付けられるなど、親会社の西武ホールディングスが警戒する私生活面でのトラブルは今後、さらに注意が必要となってもくる。

 それを知ってかどうか、森は「野球で一生懸命やるのは当たり前。あとは後輩からも見られている。その目標になれればなと思います」とチームの顔としての自覚を語った。天才打者・森友哉が捕手として、プロ野球選手としてさらなる高みを目指すにはこの人間的成長は欠かせない絶対条件となってくる。