ヤクルト・ドラ1奥川 星稜高校関係者が驚く「田中将大」発言

2019年12月04日 16時30分

つば九郎と記念撮影をする奥川

 ヤクルトのドラフト1位ルーキー・奥川恭伸投手(18=星稜)の“心変わり”が話題だ。新入団選手発表会が3日に都内のヤクルトホールで行われ、奥川ら新人6選手がファンの前でユニホーム姿をお披露目。奥川は目標とする投手にヤンキース・田中将大投手(31)を挙げたが、この発言に母校・星稜ではなぜか驚きの声が上がっている。

 ファンからの質問コーナーで1年目の目標を聞かれた奥川は「まずはあせらずゆっくり土台作りからですが、1年目に一軍で勝つことが目標です」ときっぱり。憧れの選手についての質問が飛ぶと「田中将大選手です。エースらしい、すべてを持ってるピッチャー」と迷うことなく田中の名前を挙げた。

 本拠地・神宮の施設見学を行った2日には、室内練習場でチャリティーイベントを行っていた田中と“ニアミス”。惜しくも対面は果たせなかったが、その場で田中から「僕が18歳のときにはあんなピッチングはできなかった。僕なんかよりはるかにいいピッチャー」と絶賛されたことを報道で知ったといい「すごくうれしかったですが、まだ全然そんなことはないです」と話した。

 新入団選手発表会後には「ピッチャーとして、すべてを持ってる方。全部のボールが一級品で、24連勝して負けなかったこともエースらしい。“持ってる”ところも尊敬する選手の一人です」とあらためて田中への憧れを口にしたほどだったが、これに驚くのが星稜関係者だ。

 学校関係者の一人は「野球部内で一度、投球フォームはもとより、奥川の顔が田中選手に似てると話題になったことがあるんです。そのときは『そんなことないよ』と珍しく否定したので、例えられるのが嫌なのかと思ったんですが、まさか自分から田中選手を目標に掲げるとは…」と目を丸くする。

 その上で「とにかく自己評価の低い子で、これまで誰かと比較されても『全然そんなことない、相手の選手に失礼だ』と謙遜してきた。それが甲子園準優勝と日本代表を経験して、ようやく自信がついたんでしょう。憧れの田中選手のようにもっと自信を持って強気になっていい」と奥川の“心変わり”を歓迎する。

「一つは大きなけがをせず息の長い選手になること。もう一つはタイトルを取りたい。一番ピッチャーとして評価される沢村賞です」と目標を掲げた奥川。楽天時代に24勝無敗で沢村賞に輝いた田中ばりの大活躍ができるか。