燕ドラ1奥川 ユニホーム姿で宣言「1年目に一軍で勝つことが目標」

2019年12月03日 17時37分

ユニホーム姿を披露した奥川。左は高津監督

 ヤクルトの新入団選手発表会が3日、都内のヤクルトホールで行われ、ドラフト1位・奥川恭伸投手(18=星稜)ら新人6選手がファンの前で初めてユニホーム姿を披露した。

 ファンからの質問コーナーで、1年目の目標を聞かれた奥川は「まずは焦らずゆっくり土台づくりからですが、1年目に一軍で勝つことが目標です」ときっぱり。憧れの選手については「田中将大選手です。エースらしい、すべてを持ってるピッチャー」とヤンキースの田中の名前を口にした。

 ちなみに憧れの選手は、6位の武岡龍也内野手(18=八戸学院光星)が川端の名を挙げた以外、全員が他球団の選手を目標に掲げた。これに高津新監督が「みんな、突っ込みどころ満載で、そこから教育していかないと。最後に川端の名が挙がってホッとした。全員、ヤクルトの選手を言ってくれるのかと思った」と話し、会場は笑いの渦に包まれた。