ソフトバンク・川島は現状維持7000万円 FAせず“骨を埋める”決断

2019年12月02日 11時56分

契約更改後に会見した川島

 ソフトバンクの川島慶三内野手(36)が2日、ヤフオクドームで契約更改に臨み、現状維持となる年俸7000万円の複数年契約でサインした。

 今季も左腕キラーとして活躍。47試合の出場ながら打率3割6分4厘の高打率をマークした。特に出塁率は4割8分8厘の驚異的な数字を残した。「ケガして2か月いなくて下がるかなとも思いましたが、最高の評価をしてもらった」と話した。

 保持しているFA権を行使することも検討したというが「地元の九州で野球人生を終えたい気持ちがマッチした。2年契約だけど3年、4年と頑張っていきたい」。骨を埋める決断をした。

 若手のサポート役も務めているベテランは「口うるさく言う先輩が少ないと思うので、嫌われてもいいからバチバチ言っていきたい。強いホークスを残していきたいですから」と続けた。

(金額は推定)