阪神・梅野 流出危機のジョンソンに残留エール

2019年11月29日 16時30分

西勇輝(右)と話す梅野

 阪神・梅野隆太郎捕手(28)が流出危機にある“相棒″に残留エールを送った。

 梅野は2年連続2度目のゴールデン・グラブ賞を受賞し「(初受賞の)去年とは違い、狙って取りにいこうと思っていた賞だったので、満足している」と笑顔。球団史上初めて、西が同賞の投手部門に選出されたこともあり「西さんとバッテリーで受賞できたことはうれしい。来年以降もこの賞を狙っていきたい」と決意を新たにした。

 今季、NPB新記録となる123補殺をマークしチームを支えた虎の正妻。その風格は年々増すばかりだが、そんな梅野には帰りを待ち続ける“思い人”がいる。勝ちパターン継投の一角として主に8回のマウンドを任され、防御率1・38と抜群の安定感で虎ブルペンを支え、現在米国に帰国中のピアース・ジョンソン投手(28)だ。

「制球も良く、全体的に能力の高い選手だったのでリードして楽しい投手だった」と語る梅野は「人間的にもナイスガイ。来季以降は研究もされるだろうし、彼と新たに試したいこともある。彼が8回にいるだけで本当に楽。ぜひ残ってくれれば」と背番号52の残留を熱望する。ジョンソンも「梅野は皆さんが思っている以上に素晴らしい捕手。彼の強肩とブロッキングには何度も助けられてきた」と帰国間際に梅野を名指しで称賛したように両者の信頼関係は厚い。

 球団サイドも現在、ジョンソンの残留へ向け全力を挙げているが、メジャースカウト陣からシーズン中から注目を浴びてきた投手だけに、厳しい状況となっている。矢野監督も来季の投手陣編成へ向け「ジョンソン次第になる。ウチに残れないとなればまた新たな補強などが必要になる」と頭を悩ませているのが現状。梅野の熱い思いは海の向こうに届くのか――。