日本ハム・宇佐見 実績を残してももクロを登場曲に

2019年11月29日 16時30分

後輩捕手へ対抗心を燃やす宇佐見

 日本ハムの宇佐見真吾捕手(26)が、来季の“最低ノルマ”を掲げている。28日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸1800万円から200万円アップの2000万円でサイン。

 今季はシーズン途中からトレードで日本ハムに加入すると、キャリアハイとなる45試合に出場。打率こそ1割9分8厘と低迷したものの、捕手陣の貴重な一枚としてチームを支えた。今季を振り返って「(トレードは)自分も突然だったのですごいびっくりしましたけど、新天地でずっと一軍に帯同できていいシーズンだったなと思います」。それでも打撃面での課題は自覚しており「捕手も打てないといけない。守備だけじゃなく優心(清水)も2割6分近く打っていたので、自分も負けないくらい打ちたいです」と、後輩捕手へ対抗心を燃やした。

 そんな宇佐見は、球界きっての「ももクロ」ファン(通称・モノノフ)として知られる。「どの曲もカッコよかったり、元気をもらえるものばかりで。好きな曲? どれも素晴らしい曲ばかりなので…。一つにはとても決められないです」と超真面目な表情で語るほどの熱狂的なファンだ。野球界ではヤンキースの田中、ソフトバンクの柳田や千賀、石川らもモノノフとして有名で、登場曲に指定していることでも有名だ。

 しかし、宇佐見はももクロの登場曲を使用したことがなく「自分はまだそこまでの実績を残していないので…。最低でも2桁、本塁打を打ってからですかね」との“自分縛り”があるという。

 この日行われた契約更改後には「打率も、長打も、本塁打もチームの得点力として大事になってくるので、意識したいです」と決意を新たに。来季はパンチ力にも磨きをかけ、札幌ドームにももクロを流すことができるか。

(年俸は推定)