巨人・菅野メジャー挑戦を自ら封印 来季リベンジへ

2019年11月29日 16時30分

契約を更改した菅野

 メジャーへの思いを“封印”した。巨人・菅野智之投手(30)が28日に契約更改に臨み、現状維持の6億5000万円でサインした。注目は山口のポスティング制度容認に端を発した、来オフのメジャー挑戦。しかし、この日の球団との話し合いでその件が話題に上ることはなく「来シーズン戦い抜いて、まずはそこからだと思うんで」とシャットアウトした。強い思いにあえてフタをした背景にあったものとは――。

 球団初のポスティング制度容認。そして、巨人に入るために1年間浪人したことを考慮し、来オフのメジャー挑戦に柔軟な姿勢をのぞかせた山口オーナー。さまざまな経緯を踏まえて行われた菅野の契約更改会見には大勢のメディアが詰めかけた。

 しかし、菅野は「もちろんそういうものは変わらず持ってます」と、メジャーへの思いこそ口にしたが「そこを見据えて来シーズン戦うような、そんなチームに対して失礼なことはできない。まず来年の日本一だけを目指して。その後にいろいろ話が出てくるかもしれないですけど。まずはそこに集中したい」とピシャリ。宮本投手チーフコーチから、来季の開幕投手をすでに告げられたことを明かしつつ、自身の20勝と東京五輪出場を来年の目標として掲げた。

 現実味を増したメジャーへの道に、あえて目をそらした背景にあるもの。それは後悔と屈辱しかなかった今季のリベンジにある。

 今季はキャンプ時こそ好調だったものの、オープン戦から腰付近に違和感を訴えはじめ、ついには慢性的な腰痛へと悪化していった。シーズン中は登録抹消↓復帰を繰り返し、患部に負担のかからないフォームを作りながらマウンドへ。まさにだましだましの投球だったが、それでも勝ち星は積み重ねていった。

 しかし、自身最後の登板となった9月15日の阪神戦(東京ドーム)で4回6安打4失点KO。翌16日には登録を抹消されたとき、偽らざる思いを口にしたという。「リハビリ中、菅野は周囲に『甘く見てました…』と語ったそうです。ハッキリ言ってしまえば“万全ではなくとも何とかなるだろう”というおごりがあったのでしょうね」(チーム関係者)。結果、プロ入り7年目で初めて規定投球回数に届かず、自身ワーストの防御率(3・89)に終わった。

 さらにエースのリベンジ魂を燃え上がらせたのが、3連敗で託された日本シリーズ第4戦(東京ドーム)だった。やはり万全とはいえない状態ながら登板を決断。「投げたら動けないくらいの覚悟で投げたい」とまで語っていたが、その裏にはこんな思いもあった。
「シリーズに臨むときの彼は『この先どうこう、は考えない』と。いつか振り返ったときに自分の野球人生に悔いがないようにしたい、という思いもあった」(チーム関係者)。言ってみれば玉砕覚悟、一世一代の投球を見せる思いで上がったマウンドだったのだ。しかし結果は7回途中4失点で敗戦投手となり、チームはソフトバンクに一矢すら報いることができず4連敗で敗退という屈辱を味わった。

 会見ではメジャーへの質問がいくつか続いたものの、菅野は「野球選手としてそういう(レベルの高い)場所を目指すっていうのは当たり前だと思うし、高みを見るっていうのは(自身がメジャーに)行く、行かないを別として、僕は素晴らしいことだと思っている」とアスリートとしての“一般論”を語るにとどめた。

 光が差した夢への扉をあえて閉じた背番号18。まずは今季の雪辱を、圧倒的な内容で果たす。