ロッテ・藤原は現状維持1500万円「来季は一軍定着つかみ取る」

2019年11月27日 12時49分

現状維持で契約更改した藤原

 ロッテの藤原恭大外野手(19)が27日、ZOZOマリンスタジアムで契約更改を行い、現状維持の年俸1500万円で合意した。

 交渉を終えた藤原は「緊張しました。最初は開幕一軍で、すぐにファームに落とされて、どちらでも課題の残る一年間。最初に一軍のレベルの高さを感じられたのは良かった」と1年目のシーズンを総括。具体的な課題については「下半身を使うのが自分は苦手。下半身の粘り、タメができていないから、体が前に突っ込み過ぎて変化球が打てない。真っすぐに対してもボールと衝突しすぎてる。分かってはいても、実戦ではなかなか長い時間がないと修正できない」とオフでのフォーム定着を誓う。

 来季に向けては「まずは開幕一軍が一番大事。今年は行かせてもらったけど、来年からは自分の力でつかみ取らないといけない。一軍でしっかり打てる技術、体力をつけて、定着するのを目標としてやっていきたい」と話した。

(金額は推定)