阪神・木浪が1200万円増の2200万円でサイン「いい評価をしてもらえた」

2019年11月25日 18時23分

笑顔で抱負を語った木浪

 阪神・木浪聖也内野手(25)が25日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1200万円増の2200万円でサインした。

 ルーキーイヤーの今季は113試合に出場し、打率2割6分2厘、4本塁打、32打点。「いい評価をしてもらえた。来季は遊撃のレギュラーとして全試合に出場したい」と笑顔で抱負を語った。

 主に1番打者として起用され、リードオフマンとしての活躍が期待されるが「出塁率も大事ですが、僕はヒットで出塁してチームを盛り上げるタイプ」と語るように、重点を置くのは打力の向上。今オフも徹底的に追い込んでいく決意を示した。

(金額は推定)