西武・山川 来季から背番号「3」 盗塁王・金子は「7」継承

2019年11月25日 11時44分

 西武は25日、8選手の背番号が来季から変更となることを発表した。

 2年連続本塁打王を獲得した山川穂高内野手(28)は「33」から清原和博、中島宏之、浅村栄斗らが背負った「3」に、盗塁王に輝いた金子侑司外野手(29)は「8」から尊敬する松井稼頭央二軍監督が現役時代に背負っていた「7」を継承する。

 なお、岡田雅利捕手(30)の背番が「37」から「2」へと変更となったことで現在、FA獲得に乗り出しているソフトバンク・福田秀平外野手(30)の“マイナンバー”37が空き番号となったが、その因果関係は明らかになっていない。

 変更する8選手は以下の通り。

小川龍也 44→29
與座海人 124→44
中塚駿太 22→50
相内誠  41→66
岡田雅利 37→2
山川穂高 33→3
金子侑司 8→7
戸川大輔 71→65