阪神の来季スローガンは超異例!「勝」の文字に「笑」が…

2019年11月23日 17時42分

新スローガンを発表する矢野監督

 阪神は23日、本拠地・甲子園でファン感謝デーを開催。就任2年目の矢野燿大監督(50)が来季のスローガン「It‘s 勝笑 Time! オレがヤル」を発表した。デザインも特徴的で「勝」の文字の一部に「笑」が記入されており、球団のスローガンで「笑」が入るのは前代未聞だ。

 昨年同様、オーロラビジョンで「必死のパッチ」とボケて発表し、笑いを誘った指揮官は「自分はプロで楽しむとかできなかったんですけど、辞めてから、楽しいからこそ実力が発揮できる、笑いというのは大きなパワーがあると、いろんな人に教えてもらった。苦しい時こそ笑って、しっかりと勝つチームをつくっていきたい。勝つことでファンの皆さんに思い切り笑ってもらえるチームにしていきたいです」と説明した。

 勝負の世界に「笑」は斬新だが、今秋キャンプ中に矢野監督が「いい案があれば言ってくれ」と首脳陣、ナインを集めて新スローガンのアイデアを募って決定したという。

 ネット上での反応は「明るいことはいい。来年が楽しみ」「センスのあるスローガンと思う」と歓迎する書き込みが多かった。