ロッテ・佐々木朗希を待ち受ける先輩野手包囲網

2019年11月23日 16時30分

佐々木(右)に身内から“包囲網”が…

 4球団競合の末、ドラフト1位でロッテが交渉権を獲得した「令和の怪物」佐々木朗希投手(18=大船渡)に、チームの若手野手陣が対抗心を燃やしている。秋季キャンプ中から、話題は黄金ルーキーの入団で持ち切り。プロの洗礼を浴びせるべく、猛練習に励んでいる。

 昨年ドラフト1位の藤原は「プロでの1年はあっという間。もう下が入ってくるのかという感じです。野手と投手で違いますが、すごい選手だというのは聞いているので刺激になる。もちろんできることはサポートしてあげたいですし、早く対戦してみたい気持ちもあります」とフリー打撃や紅白戦などでの対戦を熱望する。

 例年ならプロでの先輩として堂々と胸を貸すべき立場だが、相手が新元号を冠する規格外の怪物とあって、若手野手陣はライバル心もメラメラだ。同じくプロ1年目の山口は「自分も負けていられないという思いはある。最初の実戦がキャンプの紅白戦だと思うので、そこで佐々木くんから一本打てるように。マシンで170キロにも目を慣らしておきます」。秋季キャンプで左足を負傷し現在は松葉づえだが、キャンプまでに早期回復にこぎ着け“怪物打ち”で名を上げようと鼻息も荒い。

 球団はすでにフィーバー対策として新人合同自主トレをZOZOマリンスタジアムで実施する異例の対応を発表しており、このままキャンプでもルーキーにいいように打ち取られてはプロの名折れ。先輩としてなめられるわけにはいかないというわけだ。

 入団を前に早くも始まった“朗希包囲網”。牙を研ぐ先輩ナインを相手に怪物がどんな投球を見せるのか注目だ。