元阪神・西岡 2年連続参加のトライアウトは4タコ「常にチャレンジし続ける」

2019年11月12日 16時20分

4打数無安打に終わった西岡

 2019年プロ野球12球団合同トライアウトが12日、大阪シティ信用金庫スタジアムで行われ、NPB復帰を目指す43選手が各球団の編成を前に最後のアピールに臨んだ。

 2年連続の参加で出場選手最年長の元阪神・西岡剛内野手(35)は4打数無安打2三振。トライアウトを終えると「結果が出なかったことはすごく悔しいですが、戦力外になってからも戦い続けている姿を見せたかった。自分の中ではやり切ったので、振り返ってどうこうということはありません。常にチャレンジをし続ける、生まれてからずっとそういう生き方をしてきた。NPBに行けるチャンスがあるのなら挑戦しようと」と話し、取材を切り上げると足早に車に乗り込み球場を後にした。