ソフトバンク福田 FA交渉での高評価に感激「ありがたい言葉ばかりで悩みます」

2019年11月06日 17時05分

ロッテとの交渉を終え、球場にトレーニングに訪れた福田

 FA権を行使して争奪戦となっているソフトバンクの福田秀平外野手(30)が6日、午前中に行われたヤクルト、午後に行われたロッテとの交渉を終えた後で、ヤフオクドームにトレーニングに訪れた。

 多忙の合間でもしっかりと体を動かすべく「どこでプレーするにしてもやることは変わらないですから。しっかりと、やることはやらないといけない」と話した。

 すでに3日には西武、中日からの熱烈ラブコールを受けており、この日で4球団との話し合いを終えた。ソフトバンクではバイプレーヤーとしての起用だったが、各球団ともにレギュラー格としみている。

 福田は感激の表情で「プロの目で見て評価していただいている。ありがたいですよね。『フルで出たらこれくらいの数字を残せる。データで出ているから』などと言ってもらえたりもしました。すごくありがたい言葉ばかりで…。悩みますね」。

 じっくりと考える方針だという。