広島・床田が緒方前監督に恩返しを誓う

2019年11月05日 16時30分

佐々岡監督(左)と話す床田

 広島の床田寛樹投手(24)が早くも来季に燃えている。今季は自己最多の25試合に登板していずれも自己最高の7勝6敗、防御率2・96の成績を残した。

 ルーキーイヤーの2017年に2度目の先発登板でプロ初勝利を挙げた直後に左ヒジ手術で戦線離脱。今季は故障から復帰して初めてのシーズンとなったが、4月に4戦全勝してオールスター戦にも初選出された。後半戦、なかなか勝ち星に恵まれなかった床田は「最初にこれだけ勝てたなら、後半はもっとやれたんじゃないかなと思っています」と振り返る。

 規定投球回まで3回1/3足りず「スタミナ面とか弱いなと思った」と課題を口にする床田は「それ(弱い部分)をしっかり強くすれば、今年より一試合でも強い球が投げられるんじゃないかと思う」。来季はフル回転を目指す若き左腕だが、飛躍した姿を見せたい恩師がいる。前監督の緒方孝市氏(50)だ。

 今季開幕前の決起集会でのこと。床田は開幕2戦目に投げることを緒方監督から告げられ、不安な気持ちを思わず吐露。すると前監督から「床田は目の前の試合しか見ていない。143分の1と考えたらプレッシャーはない」と言われたという。「これで負けたら優勝を逃すとか、負けたらシーズンが終わるという試合に比べたら、こんなもんじゃない」。そんな指揮官の言葉を受けた床田は「『確かに』と思って気が楽になった」と明かす。

「結果を残さなきゃすぐ落とされると思っていた」という床田は先発ローテーションの一角として大きな期待を寄せられていることを自覚。これが今年の成長につながったという。緒方氏は今季限りで退任したが「成長したところは見せたいなと思います」と誓う背番号28は恩返しの大活躍を見せることができるか。