阪神が牧田獲得調査「先発も中継ぎもどちらもできる」と評価

2019年10月31日 23時07分

 阪神が米大リーグ・パドレスを自由契約になった牧田和久投手(34)の獲得に向けて調査していることが31日、分かった。谷本修球団本部長が「コンタクトを取っているのは事実。(獲得を狙う)複数ある球団のなかの一つ。そのなかで一番上にきてくれたらいい。ただ、何も決まっていない」と語った。

 今季はメジャー昇格を果たせなかったが、マイナーリーグでは登板しており「先発も中継ぎもどちらもできる」(谷本本部長)と投手陣の底上げに向けて経験豊富なサブマリンをリストアップ。先発要員としてソフトバンクから中田賢一投手(37)を獲得したばかりだが、来季の15年ぶりのリーグ制覇に向けてさらに手を打っていく構えだ。