中日ドラ1・石川に立浪氏から「張り切り禁止令」

2019年10月28日 16時30分

地元テレビ番組に生出演した石川(中)。左は立浪氏

 中日からドラフト1位指名された石川昂弥内野手(18=東邦)が27日、中京テレビの「スポーツスタジアム☆魂」に生出演し、共演したOBの立浪和義氏から“張り切り禁止令”を出された。

 高卒1年目で遊撃のレギュラーとして新人王とゴールデン・グラブ賞を獲得したレジェンドと初対面した石川は番組後「オーラが違った。かっこいいなと思った。それだけの結果を残せれば、いいんですけど、自分もそこを目標にしているので」と意気込んだ。

 しかし、立浪氏は冷静なアドバイスを送る。「1年目から開幕一軍とか、試合に出るとか目標は当然あると思うけど、慣れるのに時間がかかる。周りが当然、期待するけど、来年はじっくりと土台づくりからした方がいい。焦るなというのも無理かもしれないけど、焦らずやっていってもらいたい」と諭すように話した。

 立浪氏が危惧するのは故障だ。「キャンプに入ってけがをしないために、ここからのこの期間はすごく大事。子供のころから野球をやってきて高校野球が終わってから、これだけ空く時間はないと思う。トレーニングとかランニングとかだけじゃなくて、野球の練習もやっておかないと、キャンプからいきなり野球が始まるわけなんで」と助言。さらに「いい意味で自分の場合は抜きながらやってきた」と“手抜きのススメ”まで…。

 ゴールデンルーキー・根尾は1月の自主トレで張り切りすぎて右ふくらはぎを痛め、二軍キャンプスタートとなり出遅れただけに「ノーモア・ネオ」の気持ちはより強いようだ。