【令和最初のドラ1】日本ハム・河野 「杉内マニア」がいざ北の大地へ

2019年10月18日 16時30分

目標を書いたボードを持つ河野

 ☆日本ハム1位・河野竜生投手(21=JFE西日本)

 外れ1位での抽選の末、日本ハムに決まった社会人ナンバー1左腕は安堵の表情をみせた。徳島・鳴門高から一年でも早いプロ入りを目指して大学ではなく社会人入り。念願のプロ切符を手にし「日本ハムは常に上位争いをしているイメージ。チームの日本一に少しでも貢献したい。1年目しか味わえない新人王も狙いたい」と抱負を口にした。

 強気な投球を武器にしながら“杉内マニア”となり自身を磨いてきた。身長174センチと小柄な体で最速151キロの直球とスライダー、カーブ、ツーシームと多彩な変化球を操るが「自分と同じで体はそこまで大きくない。僕が見ているときはいつも勝っていた。勝つピッチングができるというのは素晴らしい」と巨人やソフトバンクで活躍した杉内俊哉(現巨人二軍投手コーチ)の投球を猛烈に研究。腕の振りや足の上げ方に至るまでマネをして自身の投球フォームに取り入れているという。

 一方、これから本拠地となる北海道に関する勉強はこれから。「(北海道に)行ったことがないんです。料理がおいしいという話は聞いていて楽しみなんですが…」と、早くも未体験の北の大地に思いを馳せていた。