【日本シリーズ大予想】大下剛史氏「巨人の若手が大仕事する!?」

2019年10月16日 16時30分

大下剛史氏

【日本シリーズ大予想:大下剛史(本紙専属評論家)=巨人4勝3敗】純粋に戦力の比較だけするなら、ソフトバンクが圧倒的に有利だ。CSの戦いぶりを見ても、投打の歯車ががっちりとかみ合い、工藤監督の采配もズバズバと決まっていた。対する巨人は大エースの菅野が日本シリーズに間に合う算段が立ったとはいえ、第3戦以降に一度しか使えない。

 しかし、何が起こるかわからないのが短期決戦だ。しかも巨人の指揮官は今や怖いもの知らずの原監督。がっぷり四つでかないそうもないとみれば何か手は打ってくるだろうし、それをできるのが原辰徳という男だ。

 戦力差が歴然としている中では気の持ち方が大事になってくる。いくらセ・リーグの王者だからといって、今のソフトバンクに対して“王者の戦い”で挑んでは寄り切られてしまう。かねて原監督も「途上のチーム」と話しているように、今の巨人は先を見据えたチームづくりをしている。ならば“挑戦者”としてソフトバンクの胸を借りる気持ちで日本シリーズに臨むべきだろう。

 こんな時は往々にして実績のない若手が大仕事をしたりする。巨人は菅野が出場できなかった阪神とのCSファイナルステージの第3戦で高卒新人の戸郷を先発させた。苦しみながらも、もつれにもつれて最後の最後に巨人が日本一をつかむ。そうなれば、味気ない日本シリーズにはならないはずだ。