【日本シリーズ大予想】前田幸長氏「打線は互角だが…」

2019年10月16日 16時30分

前田幸長氏

【日本シリーズ大予想:前田幸長(本紙評論家)=ソフトバンク4勝3敗)】令和元年だけにプロ野球界を引っ張ってきた巨人の日本一と言いたいところだが、西武とのCSファイナルを4連勝したソフトバンクの勢いはなかなか止められない。

 打線はほぼ互角だが、投手力はソフトバンクが一枚も二枚も上だ。巨人はエースの菅野が復帰してくるだろうが、強力なソフトバンク打線に対して山口以外はどうなんだろうかという印象。一方のソフトバンク投手陣は千賀、バンデンハーク、高橋礼と計算できる先発陣を揃え、甲斐野、高橋純、モイネロ、森とリリーフ陣の層の厚さも巨人をしのいでいる。さらに面白い存在が武田で、シリーズ男になりそうな雰囲気を持っている。彼が先発で出てくれば何かやってくれそう。とにかく、巨人投手陣が柳田を止めることができないなら、ソフトバンクの圧勝もあり得る。