【日本シリーズ大予想】宇野勝氏「短期決戦は甘くない」

2019年10月16日 16時30分

宇野勝氏

【日本シリーズ大予想:宇野勝(本紙評論家)=ソフトバンク4勝3敗)】ソフトバンク優勢は揺らぎようがない。特に投手陣は先発にしても中継ぎにしても枚数がすべて巨人を上回っている。巨人は復帰予定のエース菅野の踏ん張り次第でチームの士気が上がる可能性はあるが、痛めたのは腰だ。万全だったとしても場所が場所だけに多くを望むのは酷だろう。

 打線の力はほぼ五分とみたが、ソフトバンクが勢いで勝る。西武とのCSファイナル第4戦で今宮が3本塁打を含む5安打の離れ業をやってのけたが、打線は全員がまんべんなく当たっていて、どこからでも点を取れることが強みだ。

 巨人も底力を発揮するだろうし、ソフトバンクが簡単に4連勝して日本一になれるほど短期決戦は甘くない。だが、やはり最後はソフトバンクが日本シリーズ3連覇を達成するとみた。