辻西武 ベンチワークのミスでついに土俵際

2019年10月12日 16時30分

ベンチで険しい表情の辻監督(中)

 

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦が11日、メットライフドームで行われ、1位の西武が2位のソフトバンクがに0―7で大敗。西武は元気なく後がなくなった。ベンチの空気も重く、このまま決まりそうな雲行きだ。

 パ・リーグを連覇した西武が“無抵抗野球”で完敗した。これで3連敗となり、2年連続ファイナルステージ敗退に後がなくなった。投げては先発・十亀が4回8安打5失点と序盤で主導権を手放し、打っても自慢の重量打線が相手先発・千賀の前に8回2安打と完全に牛耳られた。

 辻監督はもはや達観したような表情で「完敗だったね。徳俵一枚やね…。千賀が良かった。最近ずっと力みがないし、カットボールが良かった」と何もできずに終わったワンサイドの展開に解説者のようなコメント。「(十亀は)慎重になり過ぎたんじゃない。もっとテンポよく投げるピッチャーなんだけど、慎重になり過ぎてテンポを悪くしていた。もっと大胆にいってくれればいいのにと思っていたんだけど…」と先発・十亀の背信を“解説”した。しかし、3点目を失った2回からブルペンで松本航、榎田を準備させながら、そんな十亀を4回86球と引っ張り、4回に牧原に中押しの1号2ランを被弾したのはベンチワークのミスだろう。

 これに辻監督は「あそこ(3回)でちょっとリズムが良くなってきたかなと思ったんだけど」と弁明したが、後手に回った継投はチームの士気を下げるだけだった。

 12日は台風のため中止。指揮官は「まあ、やるしかない。そんなビビることもないし、この台風がきれいに(悪い流れを)持って行ってくれないかな。ひとつ勝ったらまだ分からないからね」と楽観的だったが…。そんなムードは3戦23失点のチーム内に漂ってはいない。