ソフトバンク・千賀 好投の裏にシーズン中とは違う内角攻め

2019年10月12日 16時30分

6回一死一塁、マウンドでゲキを飛ばす甲斐(左から2人目)

【伊原春樹・新鬼の手帳】千賀が西武打線を抑えた要因はバッテリーの配球が変わったことだ。シーズン中の甲斐は10球のうち内角は1球くらいで、外一辺倒のリードをしていた。外なら球が速くてもフルスイングできるし、踏み込んで対応できる。西武側もいける、と思っていたはずだ。

 ところがこの日の甲斐は半分くらいは内角を攻めていた。いくら西武打線でもあれだけの速いボールを内側に投げられると打てっこない。打者は内側のベルトの上くらいが一番打ちにくいんだ。これはチームぐるみでの対策に違いない。短期決戦でどうしたら抑えられるかをミーティングで洗い直したと思う。

 投手は捕手のサイン通りに投げるもの。4回の無死一塁からの三者三振も山川、栗山に内角、5回の秋山の三振もフォークと思っていたら内側に155キロをズドンだ。秋山も山川も状態が悪いわけではない。思いのほか強気のリードをされて戸惑っただろうし、西武のスコアラーもビックリしたんじゃないか。

 逆に西武のバッテリーは今まで通りの攻め方ができていたと思うが、2敗したことで先発の十亀も緊張しただろうし、コースが甘かった分だけつかまった。

 ソフトバンクはバンデンハーク、高橋礼にしても球が速いので同じような攻め方をすれば鬼に金棒になる。こうなると西武は苦しい。ずっと先制点を取られて追いかける展開ばかりが続いている。このまま終わらないためには、先発投手が踏ん張って味方が先制点を取るしかない。何とかシーズンと同じように打ち崩すしかない。