ソフトバンク・千賀を支えるダル式トレーニングノート

2019年10月12日 16時30分

8回無失点の圧巻投球を披露した千賀

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦が11日、メットライフドームで行われ、2位のソフトバンクが1位の西武に7―0で圧勝。先発・千賀滉大(26)が圧巻の投球を披露し、一気の3連勝で日本シリーズ進出に王手をかけた。

 チームは連勝しながらも合計10点を失った。そんな中でエース・千賀が西武打線を封じて快勝を決めた。
 打たれたヒットは初回の先頭・秋山と、8回の源田の内野安打のみ。8回を2安打無失点に抑えて10三振を奪った。工藤監督も「最高です。昨日の終盤を見たら西武打線がいつ目覚めてもおかしくなかった。これ以上ない投球」と大絶賛だった。

 有言実行の快投でもあった。ファーストステージから救援陣の甲斐野、モイネロ、森が勝ち試合すべてに登板。特にモイネロは全試合に投げた。前日10日の第2戦では救援陣が西武打線の脅威にさらされる中で、周囲にも「(明日は)8回はいく」と口にしたという。

 9回は高橋純にバトンタッチ。理想的な零封リレーを演出した。「マウンドに上がる前からモイネロと森さんを休ませたいという思いだった。あの2人がキーマン。負けたとしても8イニングは僕が投げようと思っていた」(千賀)と話した。

 それにしても頼もしい投球だ。昨年までは故障がちな印象もつきまとったが、今季はチームの柱として1年間フル回転して両リーグトップの180回1/3を投げた。心身ともに目覚ましい成長を遂げた。

 向上心の塊でこの先もさらなるレベルアップを目指しており、将来的にはメジャーの夢も持っている。今後はどのような成長曲線を描いていくのか。そんな右腕が今季から取り組んでいるのが“ダル式・千賀ノート”だ。

 昨オフ、渡米してカブス・ダルビッシュに弟子入り。その中でノートをつけることについてアドバイスを受けたという。「試合で思ったことを書くのと、基本的にはトレーニングのノートなので、こういう体の状態の時にどういうトレーニングをしたのかを書いてます」

 シーズンをフルで投げ抜けば、当然ながら体の状態は一定ではない。疲労度はもちろん中6日の登板もあれば、中4日もある。その中でどうトレーニングをして、どのように投げてきたのか。丹念につけたノートはシーズン終わりの時点で3冊目のラストに突入した。千賀は「今後のためにも」と話すが、その高い意識が急成長の原動力にもなっている。

 3連勝の工藤ホークス。エースの会心の投球で2年連続の下克上でのCS突破に王手をかけた。