【セCS】巨人が投打かみ合い先勝 山口快投&序盤に一発攻勢

2019年10月09日 21時16分

阪神に勝利し喜ぶ巨人ナイン

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージは9日、東京ドームで開幕し、セ覇者の巨人が3位の阪神に5―2と快勝。対戦成績を2勝(優勝アドバンテージの1勝を含む)とした。

 初回に丸、岡本の2者連続本塁打で2点を先制。2回には二死一、二塁から亀井の適時二塁打で1点を追加し、なおも二死二、三塁で坂本が2点適時打を放った。先発・山口は4回に制球を乱して1点を失ったが、これ以外は危なげない投球で8回途中4安打1失点だった。

 阪神は反撃が遅すぎた。