阪神・糸井が左足首手術へ 靱帯などの痛み続くことから決断

2019年10月09日 11時00分

 左足首の負傷で二軍調整中の阪神・糸井嘉男外野手(38)が近日中にも手術することが8日、分かった。

 鳴尾浜などの施設でリハビリに努めてきたが、靱帯などの痛みが続いていることから患部にメスを入れる決断を下したという。

 9月1日には「シーズン・フィニッシュ。早く上がりたいという気持ちでやってましたけど。100%じゃないとチームに迷惑をかける」と復帰を諦める発言をしていた。

 谷本球団本部長は「その後、悪化したんでしょう。来春キャンプまでに? そんなにかかるかな。開幕は万全? そうしてもらわないと」と話した。