初戦が重要だ 巨人打線が調子を戻す前に叩け!!

2019年10月08日 16時30分

勝利を喜ぶ矢野監督(中央)

【伊原春樹・新鬼の手帳】シーズン終盤から快進撃を続けていた阪神の方に勢いを感じたが、これだけの投手戦になれば、一球の大切さ、ワンプレーが試合を左右する。6回にDeNAが先制点を許した場面も国吉の暴投だった。先頭の高山に左中間に二塁打され、梅野が送りバント。三塁方向に転がしたボールを国吉が捕球したが、三塁手の宮崎が前に詰めていたことで三塁に投げられず、一塁に投げてアウトにしている。そのまま三塁に投げていたら…。宮崎は国吉に「ファースト!」と叫んでいたが、前に出過ぎていた。もう一拍待っていれば、ワンプレーで終わっていたかもしれない。宮崎の一瞬の判断ミスだったと思う。

 7回にDeNAに同点を許した阪神・北條のエラーも普通にやっていたら併殺だった。8回に阪神が梅野の犠飛で勝ち越した場面にしても、一死から高山が死球となり、代走が植田。この時点で走ってくることはわかっていた。エスコバーと捕手の伊藤光がもっと警戒しないといけないのに簡単に走らせた。これもバッテリーのミスだろう。

 ファイナルSは巨人と阪神の対決になったが、阪神にとっては第1戦が重要になる。1週間以上、実戦から遠ざかっている巨人に対し、阪神にはゲーム勘がある。味方同士でやる紅白戦なんてあてにならないし、内角なんて投げてこない。巨人打線も初戦からすぐに爆発とはならないだろう。アドバンテージがあるわけだからすぐに1勝1敗にすることが大事だ。阪神が有利に進めるためには巨人打線が調子を戻す前に叩かないといけない。

 ファーストSで活躍した北條も出合い頭の打撃で、まだ本当の技術は持っていない。4番打者がマルテでは寂しいというのもある。でも短期決戦はラッキーボーイ的な存在が出てくるし、点が取れなくてもスキあらばというところで走ってくる野球もできる。巨人の優位をひっくり返すには、6球団一の投手陣がなんとか踏ん張り、何が何でも初戦をモノにすることだ。

(本紙専属評論家)