【セCS】阪神が巨人の待つファイナルへ 藤川2イニング無失点

2019年10月07日 22時02分

8回、梅野の犠牲フライで勝ち越し喜ぶ矢野監督(中央)

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第3戦(7日、横浜スタジアム)、レギュラーシーズン3位の阪神が2位のDeNAに2―1と競り勝ち、2勝1敗としてファイナルステージ進出を決めた。

 1―1と追いつかれた直後の8回、一死三塁で梅野の中犠飛で勝ち越しに成功。投手陣も踏ん張り、8回からは藤川が2イニングを無得点に抑えた。

 阪神は9日に東京ドームで開幕するファイナルステージで、優勝した巨人と日本シリーズ進出を争う。