首をひねらざるを得ない采配 この1勝で落ち着けるか

2019年10月07日 16時30分

劇的な幕切れにバンザイをするラミレス監督

【ここが違う・遠藤一彦】負けたら終わりのDeNAが、乙坂のサヨナラ本塁打でどうにか生き残った。しかし勝つには勝ったものの、戦い方がどこか「ぎくしゃくしているな」というのが率直な印象。9回、左の岩崎に対して乙坂を代打に送ったのは「送りバントかな」と相手に思わせておいての強攻策という意味合いもあり、納得はできる。ただ、ラミレス監督もまだバタバタしているのだろう。投手起用などに首をひねらざるを得ない場面が多かった。

 先発の浜口を5回途中で交代させたのは仕方がない。だが、2番手で起用した三嶋を、結果的にアウト1つだけで交代させてしまったのはもったいなかった。前日打ち込まれたエスコバーをこの日も使うのなら、走者がいない回の頭からのほうが良かったのでは。パットンも明らかにボールにキレがなく、大事な試合で使うべき状態ではなかったように見える。

 先発投手を早めに交代させる試合運びはシーズン中と同じで特に驚きはないが、エースの今永を中継ぎで使うのは、私からしてみれば考えられないし、投入する順番、人選には問題があった。結果、勝てたのでよかったが、首脳陣は投手陣の状態も含め、しっかり見直すべきだ。

 8回から投入した守護神の山崎は、この展開では行かざるを得ない。失投は福留への一球だけで状態は良かったように思う。それでも一球の失投で台無しになってしまうのが抑えという職業。総力戦となる明日も2イニング行くつもりであろうし、第1戦に先発した石田、3連投となる今永の投入ももちろんある。

 奇襲もいいが、結果オーライの采配では評価されない。この1勝でラミレス監督も少しは落ち着いた采配を振ることができるのではないか。

(本紙評論家)