松坂「自主退団」に中日から感謝 戦力外にしなくてよかった…バッシングへの恐怖

2019年10月05日 16時30分

球団に退団を申し入れ、スーツ姿で会見した松坂

 去就が注目されていた中日・松坂大輔投手(39)の退団が4日、決まった。この日、ナゴヤ球場で加藤宏幸球団代表と会談し、退団を申し入れて了承された。松坂は現役続行を希望しており、球団は同日中に戦力外通告の手続きを行い、自由契約選手として公示されれば、他球団との交渉が可能となる。今回の「平成の怪物」の決断に対し、中日内では感謝の声が出ているが、どういうことなのか――。

 松坂が2年間在籍した中日の退団に踏み切った。加藤代表との会談後、囲み会見に応じ「なかなか答えが出なくて、この1か月弱、本当に悩みました」。退団を決意した理由について、前監督の森繁和SDと友利結国際渉外担当の退団を挙げ「僕は2人にホークスをクビになったときに声をかけてもらって、ドラゴンズに拾ってもらったので、その2人が退団することになったので『僕もいちゃいけないな』と思った」と明かした。

 この日、中日球団事務所で行われたスカウト会議に出席した与田監督は「退団するというのは本人の意思なので、そこは尊重しないといけない。私自身も力になれなかったこともあるし、松坂本人も不本意な1年、悔しい思いをしたと思う。だけど、ドラゴンズを去るということは名古屋にもたくさんファンがいたので寂しさはある」と慎重に話した。

 9月1日に加藤代表と初会談した際、現役続行の希望を強く伝えた松坂はその後、与田監督とも会談を行った。球団は松坂を戦力外とする方針を固めていたが、与田監督はレジェンドの死に水をとってやろうと一転、残留させることを希望。そのため9月27日の加藤代表との2回目の会談では、今季年俸8000万円(推定)から減額制限を超える大幅減ではあるが、来季契約のオファーを受けていた。

 しかし、現場の首脳陣はあくまで来季の戦力として考えていなかったという。右肩と右ヒジに不安を持つ松坂は今季2試合に登板して0勝1敗、防御率16・88と不本意な成績に終わった。加えて今季はドラフト2位・梅津(4勝)、4年目の小笠原(3勝)、2年目の山本(3勝)、清水(2勝)ら若手投手陣が台頭。チーム関係者は「世代交代が加速している中で、実績があっても下り坂のスーパースターの扱いは難しい。ウチが松坂を戦力外にしていたら、バッシングを浴びた可能性もある。松坂が自分から退団を決意してくれて助かった面もある」とホッと胸をなで下ろす。

 さらに松坂が中日退団を決断できたのも、移籍先の球団のメドがついているからとみられている。本紙既報通り古巣・西武がその筆頭で、別の関係者は「現役続行に一番こだわっている松坂が、行くところもないのに辞めるはずがない。やっぱり取ってくれるところがあるからこそで、たぶん西武だと思う。オフにゴタゴタしてもめずに、10月に入ってすんなりといったのは取ってくれる球団があるおかげだよ」と感謝している。

 球団とファンに向け松坂は「2年間という短い期間でしたが、球団には感謝の思いしかない。たいした力になれなかった僕を一生懸命応援してくださったファンの皆さんにも感謝している。このチームメートとも、もっと一緒に野球をやってたかった気持ちが強かったが、自分自身の残り少ない野球人生を考えたとき、外に出るのもいいのではと思った。2年間本当にありがとうございました」と、ゆっくりと言葉を選びながら話した。

 今後については「来年以降どうなるか分からないですけど、またグラウンドで会えるように頑張っていきたいと思います」。今季は「令和1勝」を果たせなかった平成の怪物だが、あくなき挑戦は新天地で続く。