西武2011年ドラ1・大石に戦力外通告 「クビになったらやめると決めていた」

2019年10月04日 16時30分

大石達也

 西武は3日、大石達也投手(30)に来季の契約を結ばないと通告したと発表した。6球団競合の末にドラフト1位で2011年に入団した大石は「9年間、ほぼ悔しい思いしかしていない。クビになったらやめると決めていた」と現役を引退する意向を示した。チームスタッフとして球団に残る予定。また、高木勇人投手(30)ら8選手が戦力外通告された。