日本ハム・栗山監督 大船渡・佐々木は「ファイターズに来ると信じている」

2019年10月03日 16時30分

熱い思いを語った栗山監督

 日本ハムの栗山英樹監督(58)が2日、都内で行われた畑オーナーとの会談終了後取材に応じ、この日プロ志望届を出した今秋ドラフトの目玉、大船渡・佐々木朗希投手(3年)への熱い思いを語った。

 12球団中、早期の「1位指名」を明言している日本ハム。来季の続投も決まった栗山監督は「うちの人間は誰も迷うことなく佐々木君でいくと思っているし、僕はファイターズに来ると信じているので」と熱いラブコールを送った。

 また、現在大リーグ・エンゼルスで活躍する大谷と比較した上で「翔平(の完成度)はまだ天井にもかすりもしてないと思うけれど、今の能力や発揮できるものとしては(佐々木が)上だと思う。それくらいのスケール。じゃないとファイターズはあそこまで言わないでしょ!」と、佐々木のポテンシャルの高さを改めて絶賛した。

 ドラフト当日は競合必至となり、くじ引きが予想されるが、栗山監督はその大役就任を笑いながら否定。それでも話題の終盤では再度「俺は会えると信じてるから!」と自身に言い聞かせるように力強く言い放った。