阪神・メッセンジャーが引退登板 今後は…

2019年09月30日 16時30分

試合後のセレモニーでファンの声援に応えるメッセンジャー

 今季限りで現役を引退する阪神のランディ・メッセンジャー投手(38)が29日の中日戦(甲子園)で引退試合に先発で登板。中日・大島から空振り三振を奪い、試合後のセレモニーでは「日本での10年間は素晴らしく一生忘れることはない」と振り返った。そんなレジェンド右腕の注目の今後はというと…。

 最後のマウンドでメッセンジャーが選択したのは直球勝負だった。初球に147キロを計測すると、フルカウントから空振り三振。全盛期ばりの力でねじ伏せる投球で場内を沸かせると、交代を告げにきた矢野監督と抱擁。さらに、降板時には今季限りでの退団が決まっている僚友の鳥谷から花束を受け取った。

 試合後の会見では「タイガースファンの方々の情熱というか熱さは本当に世界一だと思う。そんななかで野球ができたことが光栄だった」と感謝の言葉を並べた。球団側は日本通算98勝の功績をたたえて引退後のポストを準備したが「メッセンジャー本人にそんなつもりはないそうだ。とにかく家族とゆっくりしたいということ」(球団幹部)と右腕はその打診を固辞したという。この日の会見で「自分のキャリアのために子供たちを犠牲にしてしまった。これからは娘と息子たちにいろいろなことを教えてあげたい」と話したように、今後は故郷・米国ネバダ州で家族との時間を大切に過ごすつもりだ。

 ただ、将来的な“カムバック”を望む声はある。「引退してすぐは無理でも、ゆくゆくはコーチとして戻ってきてほしい。野球に関しては研究熱心でストイック。自分に厳しい分、他人にも厳しいので若手やトレーナーにもダメなものはダメと言える。いい指導者になれる素質はある」(チーム関係者)。自己中心的と見られる行動もあったメッセンジャーだが、練習の虫だったことはナインの周知の事実。若手には辛口ながらも的確な助言をしていたこともあり、球団側は指導者として今後も動向に注視していく構えだ。

 メッセンジャーの最後の登板とあって、関連グッズも飛ぶように売れ、プロデュースメニュー「メッセの豚骨醤油ラーメン」はこの日一日で1600杯売れるなど大人気だった。ファンからはラーメン好きを生かして“開業”を望む声も上がっているが…。その点を直撃すると、メッセは「ニューヨークならば売れるかもしれないが、自分の故郷(ネバダ州)でお客さんは入らないだろう」と苦笑いだった。

 いずれにせよ、惜しまれつつユニホームを脱ぐ右腕。その今後にも注目だ。