阪神の長寿助っ人メッセンジャー電撃引退 球団は「本当の侍だった」と引退試合を検討

2019年09月14日 09時00分

メッセンジャー引退を発表した阪神・谷本球団本部長

 阪神は13日、二軍降格中のランディ・メッセンジャー投手(38)が今季限りで現役引退すると発表した。この日の午前中に本人から「今年限りで引退したい」との申し出があり、球団としても了承したという。

 メッセンジャーと応対した国際スカウトの情報を伝え聞いた谷本球団本部長は「(本人が)思い通りにならないと…。あれだけ長年にわたって投げ続けてきた投手なので肩やヒジに疲労もあったでしょう。何とかもう一度一軍のマウンドに立ちたいと米国に戻って治療もしたが、やはり昨日も結果が出なくて…。潔くユニホームを脱ぎたいと申し出があったのでこれまでの功労に感謝して(引退を)認めました」と話した。

 メッセンジャーは前日12日の四国アイランドリーグ・徳島との練習試合(鳴尾浜)に先発し、5回4安打4失点と大荒れ。登板後は放送禁止用語を繰り返し、怒りに任せて投げつけたかみたばこが本紙カメラマンに直撃する一幕もあったばかり。

 この乱調で今季中の一軍登板が絶望的となり、あと2勝に迫っていた日本通算100勝の今季中の達成も厳しい状況に追い込まれていた。

 来日10年目で日本人扱いとなったメッセンジャーは今季、自身5度目の開幕投手を務めながら13試合に登板し、3勝7敗、防御率4・69と振るわなかったが、それでも阪神での貢献度は絶大。球団は今後のポストを含めた何らかの形での道を模索し、引退試合についてもシ烈なCS争いを展開中の一軍の状況を見ながら検討していく予定でいる。

 自分の進退を迷うことなく即決したメッセンジャーに谷本球団本部長は「本当に最後まで侍でした」と評していた。