DeNA 痛恨1敗で「CS死守路線」へ

2019年09月11日 16時30分

今永(中)での敗戦は痛い

 奇跡が限りなく遠のいた。2位・DeNAが10日の巨人戦に2―4で敗れ、悪夢の5連敗。逆転Vを成し遂げるためには天王山決戦の今カード3連戦で全勝が絶対条件と目されていたものの、初戦で痛恨の黒星を喫した。首位・巨人にマジック再点灯を許し、ゲーム差は5。残り12試合を考えれば、事実上の“終戦”だ。

 エースの今永を初戦の先発マウンドへ送り、岡本に一発こそ浴びたが7回2安打2失点。しかし打線が援護できなかった。それでも試合後のラミレス監督は「マジックナンバー点灯はどうすることもできない」としながらも「連敗をしているときはいろいろなミスが出る。しかしひとつ勝てば流れが変わって、我々に勢いが出るはず」と冷静にコメント。試合前まで巨人との直接対決について「大事な勝負どころ」と前のめりになっていた割には、さほどショックを感じさせなかった。

 それもそのはずで指揮官の頭の中は、すでに現実路線へと切り替わっているという。この日、3位・広島が快勝したことでゲーム差はなくなってしまった。しかも残りゲーム数で2試合多く残している4位・阪神が4・5ゲーム差で追っており、チーム内には「2位堅守」どころか「CS死守」を訴える声まで出始めているのが現状だ。

 3日にノーゲームとなっていた本拠地・阪神戦が今月28日に組み込まれることが決定。これが今季最終戦となることから「今後の流れ次第では“CS行き”をかけた運命の一戦になるのではないか」と見られている。

「まだ我々の戦いは続いている。終わったわけではない」と言葉に力を込めたラミレス監督。目標を“下方修正”し、厳しいサバイバルゲームに勝ち残るつもりだ。