阪神・藤川 海外FA権取得に「勲章でも何でもない」

2019年09月10日 11時00分

 阪神・藤川球児投手(39)が9日、海外FA権を取得した。

 9日現在、48試合に登板し、11セーブ、22ホールド、防御率1・50と全盛期を思わせる活躍で、ブルペンを支える火の玉右腕は、39歳にして勝ち取った権利に「勲章でも何でもない。今日、明日と戦う日々。それ以外はない」。CS進出に向けた厳しい戦いには「どんな状態でもリリーフ陣はいい形で戦ってこられている。自分のやることはお客さんに喜んで帰ってもらうこと」と話した。

 あと6回3分の1を無得点に抑えれば、通算防御率が1点台となる。「そこまでいけば、もう一つ上の段階でプレーできる。いいモチベーションになる」とさらなる成長を期す藤川を、谷本球団本部長も高く評価。「まだシーズン中ですから」と明言こそ避けたが、全力で残留交渉に臨んでいく姿勢を示した。