ロッテ・井口監督「禁止行為」で退場処分

2019年09月09日 19時59分

退場処分となった井口監督(中央)

 ロッテ・井口資仁監督(44)が9日、ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)の4回に退場を宣告された。

 一死一塁の場面でロッテ先発・二木が、グラシアルに対して肩口をかする死球を与えた。しかし、内角のボールに対してスイングしたようにも見えたため、井口監督がベンチを飛び出して嶋田球審のもとへ向かった。若干、口調を強めたようにも見えたタイミングで「退場!」と大声でコールされた。

 嶋田球審は「井口監督を禁止行為で退場といたします」と説明。その後は鳥越ヘッドコーチが指揮を執った。