広島・長野 移籍後初のお立ち台

2019年09月09日 16時30分

お立ち台に上がった長野(左)はジョンソンとポーズ

 追いすがる虎を何とか振り切った。広島が8日の阪神戦(マツダ)に3―2で競り勝ち。中4日で先発したジョンソンが6回無失点の好投で11勝目を挙げれば、打線は4番長野が先制の2点適時打を放つなど、少ないチャンスをものにした。2カード連続の勝ち越しで、4位・阪神とのゲーム差を再び3・5に広げ、2位・DeNAに1ゲーム差に接近した。

 移籍後、初めてのお立ち台に立った長野が「遅くなったので申し訳ない気持ちしかない。すごく大きな声援をいただいたので、すごく感謝しています」と晴れやかな表情で話すと、割れんばかりの歓声が湧き上がった。

 まずは守備で魅せた。0―0の3回、阪神先頭・木浪の打球は左前に落ちるかと思われた当たり。すると左翼・長野が猛チャージしてこれをスーパーキャッチ。2試合ぶり2度目の4番となった打撃でも3回、二死満塁で左前に先制の2点適時打。「二死からみんながつないでチャンスをつくってくれたので何とかまっちゃん(松山)につなごうと打席に入った結果、いいところに転がってくれました」と笑顔を見せた。

 緒方監督は「僅差を勝ち切れて良かった」とホッとした表情。このままCS圏を死守して王者の意地を見せられるか。