斎藤佑樹 二軍戦で2発被弾し3回5失点

2019年09月06日 15時46分

ベンチで険しい表情の斎藤

 日本ハムの斎藤佑樹投手(31)が6日、イースタン・西武戦(鎌ケ谷)に先発し、3回5失点に終わった。

 初回に1点を失った斎藤は2回にも二死二、三塁のピンチを招いたが、変化球主体の投球で、なんとか無失点に切り抜けた。

 鬼門は3回だった。西川と山野辺に被弾を許すと、その後も味方の失策や自身の暴投なども絡み、計4失点。一軍再昇格を狙う斎藤にとって、悔しい一戦となった。