オリックス ミラクルCS出場に必要な西村監督のやわらか采配

2019年09月06日 16時30分

柔軟な采配が求められる?西村監督(中)

 5位・オリックスは5日の西武戦を3―7と完敗。ここにきて痛恨の3タテを食らい、4連敗と苦しい状況に追い込まれた。走塁ミスがたたっただけに試合後の西村監督は「流れが悪くなるミスは避けないといけない。札幌で切り替えてやるしかない」と険しい表情を浮かべた。

 3位・ロッテまでは4・5ゲーム差。逆転CS出場は厳しくなってきたが、湊球団社長は「全然、捨ててない。可能性は十分あると思ってます」と話し、主力の吉田正も「あきらめないことが大事。一時期の借金も減ってチームの雰囲気はいいし、可能性がある限り、CSをモチベーションにしていく」と士気は落ちていない。

 とはいえ、球団内には「相手があることだし、実際はゲーム差以上に厳しい。野球を知っている人にミラクルだ、なんて言ったら笑われるよ」との声も…。他球団スコアラーも「投手力はいいけど、采配で負けている試合が多いと思う。特に序盤の5回までにバントをしないからあと1点が取れない。盗塁失敗で流れが切れたり、もったいない試合が多い。選手の入れ替えも白崎とか二軍で状態のいい選手も使わないし、捕手の高城も山崎勝より全然いいのに…。監督のこだわりがあるんだろうけど、もっと柔軟な采配をしないと勝てないよ」と冷ややかな視線を送る。

 1996年から優勝に見放されているオリックス。残り19試合にすべてをぶつけるしかない。