西武・中村 満塁で3点適時二塁打「ランナーの皆さんありがとう!」

2019年09月05日 20時25分

走者一掃の二塁打を放った中村

「ミスター・フルベース」西武・中村剛也内野手(36)がまた満塁で仕事をした。

 5日のオリックス戦(ほっともっと)、3—1と2点リードで迎えた4回二死満塁の第3打席、相手2番手・吉田一が4球続けた甘いストレートを逆らわずに逆方向へコンタクト。打球は鋭いライナーで右中間を破り走者を一掃する3点適時二塁打となった。

 中村は「打ったのは、真っすぐです。ランナー返せて良かったです。ランナーの皆さんありがとう! 友哉(森選手)ナイスラン!」と珍しく言葉数も多かった。

 前日(4日)の試合では自身が持つ満塁弾のプロ野球記録を19本に更新したばかり。再び今季33度目の満塁機が中村に巡り、日々の日課のように打点を挙げた。

 この3打点で並んでいた同僚・山川をついに追い抜き、打点王争いで単独トップとなる111打点とした。2015年以来、4年ぶり4度目となる打点王が見えてきた。