阪神・鳥谷 退団表明後初の代打も好機に凡退

2019年09月04日 22時05分

7回、代打で登場も遊ゴロに倒れた鳥谷

 今季限りで阪神退団を表明している鳥谷敬内野手(38)が4日、DeNA戦(横浜)の7回一死一、二塁で代打で登場。8月29日に受けた事実上の“戦力外通告”から4試合ぶりの出番となったが、結果は遊ゴロと待望の今季初打点とはならなかった。

「クライマックスシリーズに出れば、日本シリーズのチャンスも出てくる。そこを一番に考えてやっていきたい」と話していた鳥谷。球団史上最多の2082安打を放っているレジェンドに矢野燿大監督(50)は「チームもトリもどちらも大事」とシーズン終了まで一軍を決めている。タテジマ最後となる残り19試合で奮起したいところだ。