8連勝9勝目 西武・ニールが日本球界に順応できたワケ

2019年09月04日 16時30分

 西武が3日のオリックス戦(ほっともっと)に5―1と勝利し、首位ソフトバンクを1ゲーム差でピタリ追走している。

 辻監督は「ホークスが勝った? いいじゃない。もちろん気になるけど、まずは自分たちが試合に勝っていかないと。非常にベンチの雰囲気もいいし、やってくれると思う」とニヤリ。「ニールがよかったね。インコースに投げられるし、ストライクが先行して自分の持ち味が出ていた」と球団では郭泰源以来となる自身8連勝で9勝目(1敗)を挙げた先発右腕をたたえた。

 首位に1ゲーム差の2位につけながら西武のチーム防御率はリーグワーストの4・49。その中にあって実質エース級の働きを続けるニールは西武待望の“当たり外国人投手”だ。ニールは「今日はシンカーが一番良かった。制球も内外と投げ分けられて自分の持ち味を出せた」と投球を振り返ったが、その裏には異文化野球にアジャストする苦労もあった。

 近年、西武の外国人投手にハズレが多い理由は「低くて軟らかいマウンドへの不適応」「滑らない日本の公式球にチェンジアップを制球できない」の2点が挙げられてきた。「踏み出した足場の感触が気になって思い切り腕が振れなくなってしまうソフトマウンド問題は(本拠地の)土質を今年からメジャー並みのハードマウンドに改善したことで違和感が少なくなっているし、ニールは早くから踏み出し足の置き位置を変えて対応していた。ボールに関しては向こうで滑らせて投げていた球種に関しては引っ掛かり過ぎて制球できなくなってしまう投手が多い中、前半にファーム調整の時間が取れた中でうまくチェンジアップ(シンカー)の抜き方をアジャストできたんでしょう」(球団関係者)。

 ニールの真面目な人柄と陰の努力が日本野球に最短距離で順応できたようだ。