西武・十亀6回途中3失点 天敵・松田にも一発浴びる

2019年09月01日 19時58分

3回、柳田(左)に一発を浴びた十亀

 西武が2連勝で迎えたソフトバンクとの天王山第3戦(1日、メットライフ)、先発・十亀は6回途中5安打5四球3失点と主導権を握れず降板した。

 3回に柳田に7号ソロを浴びて先制を許すと、5回はグラシアルの犠飛で2失点目。さらに6回、通算打率5割6分(50打数28安打)と苦手にする松田に、通算10本目となる一発を食らい点差を広げられた。

 十亀は「大事な試合の中、なかなか自分のペースで投げることができませんでした。攻撃につながるようないい流れをつくる投球ができず、チームに申し訳ないです」と反省コメントを出した。