統一球問題で「王コミッショナー」待望論

2013年06月14日 14時00分

ベンチ裏で選手を迎える王球団会長(右)

 もう、この人しかいない! 日本野球機構(NPB)が、統一球を今季から飛びやすく変更した事実を隠ぺいした問題で球界からは最高責任者の加藤良三コミッショナー(71)への怒りの声が噴出。危機的状況のNPBを立て直すために、いよいよユニホーム経験者からのコミッショナー選出を求める動きが出てきた。待望視されているのはソフトバンク・王貞治球団会長(73)のコミッショナー就任だ。

 統一球を飛びやすく変更しながら公表しなかったNPBの失態劇に球界関係者の多くは声を荒らげた。「お役所仕事の典型だ。年配の背広組の人ばかりが少人数で決めているからこういうことになる。天下りをやめさせる。トップはユニホーム経験者の方がいい」。ある球団首脳も「何にせよ中途半端すぎる。後から認めるなんて、印象も良くない。最初から説明すべきだった。やはりコミッショナーは、実務を分かっている人がやらないとダメだと思う」とバッサリだ。

 この日、加藤コミッショナーは会見を行い「事実を隠ぺいする意図はなかったが、混乱を招いたことはおわびしたい」と謝罪したが、辞任については「不祥事を起こしたとは思っていない」と否定。だが、本紙専属評論家の伊原春樹氏が昨報の本紙で加藤コミッショナーの辞任を迫ったように、球界には「さすがに加藤さんも今回ばかりは責任を取らないとだめでしょう。現場のことを何も分かっていないし考えてもいない」など交代要求の声が高まるばかり。そして待望視されているのがソフトバンク・王球団会長のコミッショナー就任だ。

「王さん以外にいないでしょう。実績、人格的にも申し分ないし、現場のこと、ファンのことを考えてくれる」と球界関係者。別の関係者も「長嶋さん(巨人終身名誉監督)は体調的に厳しいでしょうし、コミッショナーに一番適任なのは王さん」ときっぱり。「野球界のことを考えたら、一番いいのは王コミッショナー。もう、それしかないんじゃないか」と声を大にする関係者もいるほどだ。

関連タグ: