阪神メッセンジャー 二軍戦で3回2失点「痛みもなく投げられた」

2019年08月21日 18時29分

 阪神のランディ・メッセンジャー投手(38)が21日、ウエスタン・リーグのソフトバンク戦(鳴尾浜)に先発し、3回2安打2失点だった。

 右肩の治療とリハビリを米国で終え、8日に再来日して以降、初となる実戦マウンドを終えた右腕は「次の試合へ向け、いいステップを踏めた。痛みもなく投げられたのは良かった。(一軍へ)戻れるように少しずつやっていきたい」と晴れやかな表情で語った。

 福原投手コーチは今後について「もうすこし下(二軍)で様子を見てから」と語り、早期の一軍合流には否定的な見解を示した。