広島・大瀬良 今季の活躍で「パワプロ能力アップ」を狙う

2019年08月16日 16時30分

キャッチボールをする大瀬良

 逆転ミラクルVへ、もう一歩も引かない。広島の大瀬良大地投手(28)が15日、神奈川県横須賀市のベイスターズ総合練習場で投手練習に参加。台風10号の接近に伴い、前日14日に横浜入りした九里、モンティージャとともに汗を流した。

 キャッチボール、ランニングで体を動かした鯉のエースは現在のローテーション通りなら16日のDeNA戦(横浜)を含めて残り6試合で先発する予定。大瀬良は「僕が投げる時は全部勝てるようにやっていきたい」。チームは15日現在、4・5ゲーム差の首位巨人と0・5差の2位DeNAを追走中。「ここからすごく大事な試合になる。みんなで戦って目の前の試合を一つずつ勝っていけるように頑張りたい」と気合を入れる。

 そんな大瀬良が来年へのモチベーションの一つにしているのが、野球ゲーム「プロ野球スピリッツ2019」と「実況パワフルプロ野球」(ともにコナミ)に登場する自身の評価を少しでも上げることだ。

 昨年は自身初となる最多勝利と最高勝率のタイトルを獲得。するとうれしいことがあった。一つはプロスピの販売パッケージに大瀬良の投げる姿が採用され、さらに2つのゲーム内で自身の能力が上がった。大瀬良によればパワプロ内で自身の投手能力の項目から「軽い球がなくなっていたんです」。さらなる能力アップへ「来年少しでも良くしてもらえるように頑張ります」と腕をぶす。

 今年は自身初の開幕投手を務め、エースとしてチームの苦境を何度も救ってきた。逆転Vはもちろん“大瀬良大地”の能力上積みのためにも、ここからラストスパートをかける。