阪神・メッセンジャー 二軍で初のブルペン投球「完調まではモウチョット」

2019年08月16日 11時00分

 阪神のランディ・メッセンジャー投手(38)が15日、兵庫・西宮市内の鳴尾浜球場で、二軍降格後初めてブルペンで捕手を座らせ投球練習を行った。

 変化球を交じえ32球を投じ「(感触は)グッド。完調まではモウチョット」と笑顔で振り返った。投球を視察した平田二軍監督も「見事だね。コントロールも含め久々のブルペンとは思えなかった。さすがだよ」と称賛。今後は本人の意向を尊重した上で実戦練習を積み、早期の一軍復帰を目指す。