世界王者・村田諒太が始球式 ショートバウンドに「悔しかった」

2019年08月10日 18時40分

始球式を行った村田諒太

 ボクシングWBA世界ミドル級王者・村田諒太(33=帝拳)が10日、「BOAT RACE ナイター」として行われた楽天―オリックス戦(楽天生命パーク宮城)で始球式を行った。白いポロシャツ姿で登場。ファンの大歓声の中、惜しくもショートバウンドで楽天捕手・太田のミットに収まった。

 ボートレースが村田の世界戦を毎回応援している縁で実現した今回の始球式。村田は「ズバーンといけなくて悔しかった」と苦笑い。試合前には「小2の息子が野球を始めたので、浅村選手のバッティングを見せました」と練習を見学。「観戦はやっぱり生がいいですね」と球場の雰囲気を堪能していた。