阪神・矢野監督 焦りの見える訓示の内容

2019年08月10日 13時00分

逆転負けで表情も冴えない矢野監督

 このままズルズルと沈んでしまうのか――。セ・リーグ4位の阪神が9日の広島戦(京セラドーム大阪)に5―11で逆転負け。2回に相手先発の大瀬良から4点を奪って主導権を握りながら、毎度おなじみの守乱で白星を逃した。

 先発の高橋遥が4回に3連打で1点を返されたのは仕方ない。まずかったのは、その後だ。無死一、二塁から鈴木の三ゴロを三塁手・大山がファンブル(記録上は失策なし)。併殺を奪えず一死一、三塁とし、広島が前日8日のDeNA戦で披露していた一走・鈴木、三走・菊池涼による重盗で2点目をもぎ取られるお粗末ぶりで、落ち込んだところにメヒアの3ランで逆転された。5―6の9回は3番手・浜地の悪送球から傷口を広げ、終わってみれば大差負けと散々な内容だった。

 この日は守備に難のある新助っ人のソラーテを初めてベンチスタートにしてみたが、守備力の改善にはつながらない。あまりの無残な敗戦に、矢野燿大監督(50)は試合後に異例の緊急ミーティングを行い「一生懸命やっただけでは済まされない。手を抜いてるやつはいない。でも俺らには見に来てくれるファンがいる。プロとアマチュアっていろんなことが違うと思うが、やっぱり結果で示すっていうのがプロ」とナインに訓示した。

 残り38試合となって首位巨人には8ゲーム差。逆転Vを目指す中で、3位広島にも6・5差と水をあけられた。指揮官が選手やコーチにプロとして当たり前のことを今になって強調するのも、それだけ切羽詰まっているからだろう。最近では、これまで封印していたはずの直接指導も解禁。指揮官自ら4番の大山に熱血指導を行うシーンも見受けられる。「監督一人が抱え込んでしまっているような気がする。選手が発奮して監督の期待に応えないといけないんだが…」(チーム関係者)と同情的な声もあるが、笛吹けど踊らずで、矢野監督が正念場を迎えた。